しおはまの湯 励明薬湯の入り方 一日三浴

励明薬湯の入り方 一日三浴


励明薬湯の入り方 一日三回三浴について。


STEP-1洗う
●薬草エキスを浸透しやすくして。
石鹸を使って、全身をきれいに洗ってください。
薬草エキスを皮膚の表面から体内に入りやすくして頂くためです。


STEP-2暖まる
●少し暖まって。
サウナや白湯など、お風呂でリラックスしてください。
少し暖まって、汗腺を充分に開いて頂きますと、薬湯の効果が大きくなります。


STEP-3薬湯
●体力に合わせて5~10分。
薬湯に入り、しばらくすると体のあちこちに刺激を感じます。
この刺激こそ、薬効の現れです。ヒリヒリしてくるのが正常です。
ご自分の症状や体力に合わせてお入りください。


STEP-4休憩
●汗がひくまで浴室で休憩。
浴室で汗が充分ひくまで、ゆっくりくつろいでください。
(シャワーなどで薬を流さない方が効果的です。) 。
汗がひいたら、再び薬湯へ。これを2~3回続けてください。


STEP-5くつろぐ
●ゆっくり休んで2浴、3浴~
入浴後は浴衣を着て、休憩室や食堂などで、くつろいでください。
一日三回三浴(合計9回)入浴されるとさらに効果的です。